婚活用写真の撮り方・自撮りのコツをまとめてたよ。

婚活の種類によっては、写真登録が義務づけられていることがあります。写真というのは第一印象を決定づけるものなので、とても重要な意味を持つと言えます。

自分の魅力的な角度を調べる!

自撮りを良くする人でない限り、普段から自分の顔を撮るという事はないのですが、婚活用写真はしっかりと自分の顔と向き合ってベストショットを狙うべきです!

あらかじめ何枚か写真撮影をして、どの角度が魅力的に見えるか確認してみるといいでしょう。正面からの写真と指定されている場合もありますが、それ以外は自分の好きな角度を選ぶことができます。

人によって良い角度は異なる

人によって、どの角度がもっとも魅力的に見えるかは異なります。できるだけ明るい印象の方がいいので、部屋の中よりも外で撮影することをおすすめします。

室内を明るくするか野外で撮る

室内で撮影するとどうしても暗い印象となってしまうので、照明がない場合は野外の方がいいのです。また人物の後ろに背景が見えると、なんとなく明るくほがらかな印象を相手に与えることができます。

証明写真じゃないので笑顔でOK

まじめな顔よりも笑顔の方が、明るい印象を与えられるでしょう。真顔の写真を登録しているという人もいますが、それで好感を持つ人もいれば悪印象を持つ人もいるようです。笑顔の場合は悪印象を抱かれることはほとんどありませんから、笑った方がいいのです。

自撮りテクニックまとめ一覧

大きく目を開いて撮る!

大きく開いた目は、相手に明るい印象を与えます。

黒目を大きくする!

しばらく目を閉じてから開けると、瞳孔が開いて大きな黒目になるそうです。ポイントだとか。ぜひ試してみてください、

明るいところで撮る!

部屋の中でも、なるべく昼間の自然光が入るところで撮るのがコツ。太陽光は肌をきめ細かに見せる効果も。

口角を上げる!

口角を上げると、顎のラインも引き締まります。

少しだけ頭を傾けてみよう!

少し頭を傾けて、斜めから撮るほうが、リラックスした雰囲気を出せます。

セルフタイマーを使う!

手ブレ防止にもなりますね。

白い壁の前に立つ!

室内で撮るときは、白い壁の前に立つと、光が反射しレフ板代わりなります。

斜めに構えれば痩せて見える!

少し斜めに構えると痩せて見えるんです。モナリザの絵のような感じで。

鏡の前で撮る!

自分の表情を確認しながらの撮影ができます。

あえて、カメラから視線をはずしてみる!

印象的な写真を撮ることができます。

黒や紺などの濃い目の洋服は色白効果!

肌を色白に見せたい人は濃い服を切るとより白く見せられます。

写真は婚活を成功させる上で重要な意味を持つので、最高の1枚を撮影できるように何回かチャレンジしてみましょう。最近は携帯電話を使って写真を撮ることも可能なので、確認も簡単になりました。何回かチャレンジしてみて、いいと思えるものを登録しましょう。また、プロのカメラマンに依頼して、婚活用の写真を用意するというのもいい方法です。

婚活サイトをお探しの方へ

真面目に婚活相手を探したい、という人が使いやすいサイトをまとめてみました。業者や遊び目的が少なく人気の高いものに厳選しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加