女性と男性の婚活意識の違いについてまとめてみたよ。

最近は昔と比べて、仕事や趣味を持つ多忙な女性が多くなってきました。そういったことに多くの時間を割くことから、以前ほど積極的に婚活をしている人は少ないようです。結婚に対する考え方も多様化し、生涯独身でもいいと考える女性も増えてきています

男性・女性の未婚率の推移グラフ

結婚適齢期の独身男女の割合は急上昇

参考:結婚適齢期の独身男女の割合は急上昇

男性と女性の婚活意識の違い

女性の場合、20代後半くらいから結婚に関して意識する人が多いようです。一方の男性の場合は、20代前半~半ばにかけて婚活をスタートするという人が多いとされています。こういうデータからも、結婚に関する男女の考え方は異なるといったことが明らかになっています。

女性は慎重 男性は感覚

また、男性よりも女性の方が結婚相手を慎重に選ぶという説もあります。男性の場合は婚活で出会った女性と会話して、フィーリングが合うと思ったら結婚対象として意識することが多いようです。

男性の場合は話してみて感覚があう女性なら「将来結婚しても楽しそうだな」とすぐに考えるのですが、女性の場合は結婚願望がある人でも、出会ってすぐに結婚相手として意識することは少ないとされています。結婚を視野に入れて交際をする場合も、結婚後に後悔しないように、じっくりと相手の中身を知りたいという人がほとんどなのです。

女性の方が結婚相手に対する理想が高い

また、一般的に男性よりも女性の方が、相手に理想を求めやすいとも言われています。「長男はNGで趣味は同じ」「高身長で年収はいくら以上」という風に、条件を事細かく決めているという人は多いのです。ただ当たり前の事なんですが男性に対してすぐに年収を聞くような女性は嫌われます

現在は、仕事を持っていて経済的に自立している女性は増えています。そのため、男性が結婚相手の条件に経済力を挙げるというケースも少なくないようです。結婚後も仕事をしたいという女性は、仕事に執着の少ない男性と結婚するというのも一つの考えかもしれませんね。

婚活サイトをお探しの方へ

真面目に婚活相手を探したい、という人が使いやすいサイトをまとめてみました。業者や遊び目的が少なく人気の高いものに厳選しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 婚活活動に関する情報bot より:

    そういえばこのところはわりに朝飯少な目だからちょっと痩せたかも。
    HAPPY!でも男の人の吟味はとことん念入りにやりたいものなのよ。
    あたしの周りの結婚意識のある知り合いたちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。

  2. 婚活ツールとしてTwitterを活用 より:

    やはり次の飲み会ではこの前のような失態は避けるようにしたいものだね。
    それから洗濯の腕を上げたら男の子はそういうファミリー的なフェミニズムにドキドキかも。
    あたしの周りの結婚意識のある知り合いたちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。

  3. 婚活やってますTwitterで!意識改革 より:

    わたしも早くワンサイドラブから解放されて結婚活動 に集中しよー、っと(笑)。
    あたしの周りの結婚意識のある友達たちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。
    ラブロマンスには想定外なごたごたがつきもの。
    そういうときには必要以上にリアクションしないことがお勧めだね。

  4. 婚活活動に関する情報bot より:

    べたぼれな関係を持続するつぼはなんなのかなー?私の周りの結婚意識のある仲間たちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。
    理想を高く持ちすぎるとラブロマンスが億劫になってしまうから柔軟に対応したいね。

  5. 婚活ドタバタ狂想曲bot より:

    私の周りの結婚意識のある親友たちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。
    このところはいろいろあっても日常的に動機を保っていきたいね。
    そういえば、育児のできる女の人には憧れるなぁ。
    見習おう。

  6. 婚活ーイベント・パーティ・相談所bot より:

    あたしの周りの結婚意識のあるトモダチたちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。
    そろそろワタシのワンサイドラブも半月で終わりにしなきゃ。
    それはさておき、夢のある男の人はまめな女の人が好きなのかなあ。

  7. 婚活やってますTwitterで!意識改革 より:

    あたしの周りの結婚意識のある知り合いたちはお見合いも婚活として考えているね。
    学生時代からの後輩はもう婚活してるらしい。
    どうする、私(T0T)。
    相手に求める愛って、なに?とこのごろは変なことを想像してみたり、このところのわたしは変だね(泣)。

  8. 素敵な未来のパートナーを探す旅中bot より:

    いまいち評判の服装には疎いけどわたしなりには他で奮闘を意識しているつもり。
    本当はイーメールだけで魅了するような書き方があれば最高よね。
    私の周りの結婚意識のある友人たちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。

  9. 婚活ドタバタ狂想曲bot より:

    ときどきシングルライフでやりたいことをやってから婚活を始めるのも最善と思うよ。
    トモダチの夫婦はもんちゃくが絶えず辛いと言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(ノ ゜Д゜)ノ。
    わたし的にはずっと年上のひとでも結婚意識があるなら全然大丈夫。

  10. すなふきん より:

    大きくなったら俺と結婚すると言ってた次女とは一番仲良しだったが、婚活パーティーで相手を見付けて。今は昔はあまり構ってなかった三女とLINEしたりする。異様に女慣れしてるのはこれ。でも、付き合う相手は男嫌いとか男に苦手意識がある女ばかり。女慣れしてる男を警戒するのでは?と思うが。

  11. 本格的な大人の結婚相談室 パ・ド・ドゥ より:

    婚活で力む時は、結婚意識がかなり強すぎる状態。自分にも相手にも優しくしたいところですが、余裕がないのです。価値観の違いは別問題。秘訣は、まず受け入れること。「自分とは違う!」と自分の価値観を持ち出さず、相手が考えや想いを「そうなんだね」と。相手の存在意義を認めること。

  12. 婚活活動に関する情報bot より:

    あたしの周りの結婚意識のある同僚たちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。
    先週水曜日のコンパでは医者と知り合ってあまりに感動して仲間に携帯電話かけちゃったよ。
    基本的に大人の交遊、大人の恋に興味があるわけだし、あたし。

  13. うー奈 より:

    紹介するって言われてる女の子(複数居るらしい)だいたい25~27歳ぐらいで婚活中って聞いてるし、結婚意識してるなかで相手が自殺ってトラウマものでしょ。かわいそ過ぎる。

  14. ◇30歳になりました◇ より:

    結婚は一回くらいはしときたいなあとぼんやり思いつつそんな相手いないし、正直職場でもプライベートでも出会いがない。婚活婚活とは言われたけど、そもそも男性不信気味の私に初対面の男性と結婚を意識して話せってのがもうなんていうかすごく、すごく高い壁というか。

  15. ツイッターで婚活指南bot より:

    最高のラブはどこから来るのだろう、とこっそり妄想するからわたしもヒマだなあ。
    やっぱり次回のコンパではこの前のような失態は敬遠するようにしたいものだね。
    あたしの周りの結婚意識のある親友たちは結婚相手紹介サービスも婚活として考えているね。

  16. Звезда より:

    現実的な婚活って自分が到底相手にしたくないレベルの男性から「こんなBBAと結婚したくない」みたいに見下されたりするわけで、女性からすると耐え難いだろうね。婚活に難航する女性は意識が高くなりがちな傾向があるので特にね( -_-)‥

  17. は る か より:

    あれか。学生生活ももう1年もないから、恋活より婚活を意識すべきなのか?!wwww
    今は全く結婚願望ないけどさ、30歳までに子供産みたいと考えると、今くらいから相手見つけた方が良さげよねwwwwwww

  18. クメン より:

    付き合い始めても、お姉さんの方は自分は結婚を意識する年齢だけど相手はそんなに真剣じゃなくて経験として自分と付き合ってるのだろなって考えて婚活始めたりな、擦れ違いをな

  19. はんく より:

    膳場貴子さんの初婚、再婚、再々婚と三度の相手が全部東大の同級生って偶然はありえないなあ。もうひたすら東大同級生だけを結婚相手の標的として婚活してんだろう。東大ブランドかそれとも子供のDNAを意識してて東大しか眼中になかったのか。

  20. 山田ヒロシ より:

    でも結婚相手に求められてるのは「女としての価値」じゃなくて「人間としての価値」なんだよね。そこの意識ギャップに気付かないと婚活は失敗し続ける。簡単な例で言えば「相手の年収に拘るような卑しい人間との結婚は以後の生活に不安を覚えるから断る」とか言って断られるんだな

  21. トーコ より:

    信じられない。婚活はこれから長い人生を共にする相手探しだよ。
    オーバー30って。結婚に対する認識が甘すぎる。
    わたしは23のころにはもう結婚相手の理想くらいは意識してたよ。。
    社会人にもなってチャランポランな無駄な付き合いしてると時間切れなんてすぐだよ。

  22. あゆさん より:

    26.7で結婚したいからそろそろ婚活したほうがいいのかなと焦る
    パーティ参加とかではなく結婚を意識した相手と会えるようにとか

  23. マナミン・チェルシー・リベルテ より:

    でもお見合いとか婚活で結婚したカップルの離婚率って低いらしいよね!やっぱり勢いとか恋は盲目的なのじゃなく、最初から結婚相手として意識して出会ってるもんねぇ。

  24. 東京綾鷹ランド より:

    「クマは婚活中に意中の相手の家族を殺せばさみしいから自分と結婚してくれると思ってる」ってツイートを見てから、いつも隣で寝てる1メートルダッフィーを意識しちゃってドキドキしながら寝てる

  25. Liio家*リオ より:

    お気に入りの子を素敵な相手と結婚させてあげたいけど、婚活苦手意識あって、雲の上さんゲットすればいいかな…といつも思ってしまう〜あかん〜〜…(´・_・`)

  26. ぱぷりこ より:

    婚活って言葉はだいぶ浸透したけれど、「結婚」をゴールに相手を見つけるって大変。「男」として見れるかよりも、ずっと一緒に生活するパートナーとして相手を選ぶという姿勢が必要だから。さらに相手もその意識を持っているかどうかも問われる。自分でできる努力と、はっきり言って「運」もある。

  27. こころ より:

    もうアラサーと呼ばれる年齢になり、結婚を意識する様に…
    しかし、肝心な相手が…………
    いない……!?

    今日から婚活します。

  28. コノハナ(冬は体重keep) より:

    昨日のZIP見て思ったけど、婚活って昔からあったんだね。“婚活”って言わないだけで。今よりも結婚への意識が高い人が多かったから、若い時から相手を探してたのね。

  29. 人参十四松【テケフェス参加予定】 より:

    仕事のみかえり取引先の偉いさんと帰りの方面が一緒になりした会話が頑張って婚活するかどうか
    それを頑張ってやるという時点で間違ってるといわれ「なーる」なところ。独り身がそれなりに楽しんでるので恋愛や結婚は意識して頑張るものになってたけど『頑張る』ものではない。自然体でいられる相手が

  30. さんぺー より:

    深夜に真面目に婚活について考えてみる。
    結婚しても相手にあわせて活発になるとは思えないので、基本はのーんびり。遠出は年に一回か二回旅行くらいであとは近場でゆったり。経済的には苦しんだことないけど消費をあまりしたくない貧乏性なので、節約意識の強い人だといいのかな。

  31. あお より:

    続きー。でも、本来結婚は新たな人生のスタートなはずだよね。しかしながら、婚活やってるとその期間が長くなればなるほど「結婚決まり!ゴール!」な意識ばかりになってその先に続く長い道のりのことなんて見えてないんだよね。だからよく知らない相手の子供妊娠するなんてのは、私は嫌だわ。

  32. ユナ@婚活中 より:

    婚活して男を見る目が変わったと言うか、結婚を意識して相手を探してると子育ての事も考えながら選ぶようになった。この人は子どもが生まれたらどんな風に接するかなーとか。子どもの人格を否定したり手を上げたりせず、家事を分担しようって気持ちがあって、周囲のパパママとも仲良く出来る人が良い。

  33. まりあ@婚活メンヘラ より:

    沢山婚活したって、相手が見つからなかったとか思った方もいるかと思うのですが
    もしお姉様方の結婚したい理由に「子供がほしい」っていうのがあるなら
    じゃあそこに着目して求める相手のレベルを下げた方が良いかも

    本当に不妊は洒落にならないので三十路を越されてる方は意識してみて下さい

  34. なりすましではない より:

    特に相手を選り好みせず結婚だけしたいなら目的意識というか実績解除感覚で婚活すればいいんじゃない??

  35. Tisin より:

    婚活女性に知ってほしいのは、結婚相手となる男性医師もネットで簡単に手に入る時代になったということ。ただ、SNSを含むネットの使い方にも上手下手が確実にあると思う。それを意識せずに漫然と使っていてもダメだろう。実体験を踏まえて言うとデキる女性は本当にSNSの使い方が上手い。

  36. harmony より:

    婚活が、「結婚相手を求めることの気恥ずかしさやなんとはない引け目、からの消極性からの、結婚相手を求めることへの行動と意識の変容」を促す意図のことばだったとすると、しわ寄せ的な弊害は、活動不足じゃないの? みたいなさ、個人への皺寄せ。わるくすると自己責任論。

  37. 三茶のセリーナと千葉のブレア より:

    病んでるだけな話。小売業に勤めて約10年好きだから続けてるこの仕事だけど、結婚や婚活を意識するような年齢になって思うのは、私は普通や当たり前とは全く違うということ。今日たくさんのGW休みを満喫してるご家族を見て相手すらいないけど自分のその姿が想像できなくて、絶望を感じた。[B]

  38. ystk より:

    承前)女の場合は、そういう恋愛強者の男とばかり交際していると結婚相手としては一度も選ばれないまま時間を空費してしまうことが多い。妊娠適齢の問題もあるので時間空費は切実な話で、恋愛と結婚を意識的に分けて婚活をする必要が男よりも女に強い所以だと思う。

  39. 烏丸(からスマ) より:

    婚活イベントとかお見合いイベントに来る人って、もちろん結婚相手を探しに来てるんだよね?
    ダイレクトに結婚を意識して……とか考えても、あまりにも色々吹っ飛びすぎてイメージ沸かないです。

  40. こぷやん@ユソケルより鶴丸国永 より:

    仕事優先でも結婚相手は見つかるということ、そんで意識のすり合わせがきちんとしてないとダメになること、婚活に必要なのってそういうことじゃないかな。相手に求めるばかりじゃなくて、自分は何を提供できるか、そして意識合わせができるか。割と仕事と近い話ですけん。

  41. やっこ より:

    最近 校長に 婚活を勧められるらしい。先生はまじで忙しい仕事だから 意識して相手を捜さないといつまでも結婚できないんだそうで。ある程度世話を焼くのも校長の役目らしい。そんな校長は50代独身w

  42. 竹田✹✹✹うに より:

    付き合ってる人で、相手に結婚を意識させるためにアピールすることを婚活って言うならまだ分かるんだけどなぁ

  43. ☆恋愛脳向上委員会☆ より:

    30代婚活女子が陥る、「3つの間違い」

    ① 自分の市場価値の過大評価

    仕事ができて美容への意識も高い、一見100点の女性でも、男性は結婚相手に癒やしを求めているため、婚活市場では30点になってしまうという場合がよくある。

  44. ムメコ@婚活壁打ち より:

    結婚に対する意識って強めですか?ってどう答えるのが正解なのかわからん
    結婚に対する意識ってつまり結婚願望ってこと?は?強いよ?強いから玉石混交でヤバいのに引っかかる危険もあるなか婚活サイトに登録までして相手探してんだよ?

  45. 苺緒(いお)@脳内お花畑 より:

    ここ半年くらいで初めて結婚意識し始めたんだけど正直!!!な!!!話!!!!!!今の相手とは結婚全く考えられなくて次に付き合う人とは結婚意識したいな〜とかいうクズ野郎なんですけど素敵な婚活サイト見つけて登録しようと思ってる私を誰か止めて←

  46. ぜんだま@アラフォー婚活中(男) より:

    婚活パーティーやお見合いは結婚を意識した交際相手さがしだけど、結婚が前提になるがゆえに損得感情になり、結婚に踏み切れるような損得感情のない想いに繋がらない。結局、自然恋愛の方が結婚につながりやすいのでは?みたいなパラドックスを知った3ヶ月でした。

  47. ☪アイビー茜 より:

    ダイエット(意識的に体重を減らす行為)するときに肝心なのは「現状の”正しい”把握」。婚活(意識的に結婚相手を探す行為)をするときにも肝心なのは「現状の”正しい”把握」。人生のやり直しを試みるときにも肝心なのは「現状の”正しい”把握」です。

  48. saki♡ ゆとり世代 より:

    電車で駅員さん見ても結婚相手としてどうか?という目で見てる。
    婚活意識の高さ。
    というか出会いのなさ。

  49. Andy M より:

    「女の子慣れしてない理系男子」は男性視点ならまあ許容範囲なのですが、女性視点ならばその多くが恋愛対象にならないのでは。
    そして女性の側が婚活等を意識する年齢になると結婚相手として許容範囲の相手を探すのでしょうが、この段階では良い相手はさらに減るわけで。

  50. LUKA より:

    おそらく今の移動生活も続いていない。行った先で仕事をするのが面白いのです。それで閃いた!婚活も海外で働きたいも、外に意識を向けて相手を探すのではなく、たった今すぐに結婚にふみきれる自分をつくる、たった今すぐに海外へ働きに行く決断をできる自分をつくる、そっちが先だろうと。

  51. 金持ち兄さん より:

    意識の変化以外に、婚活サービスやスマホの普及も背景にあると思いますが、僕のように30代未婚の人達が増えているので、結婚の難しさに気付いてきている若者が増えているんじゃないかと。

    早くから動いた方が、自分の条件に合う結婚相手が見付かる可能性は高いので、当然の動きのように思います。

  52. バニシングイキションアクメオルタナティブ より:

    婚活でエゴサーチして時折湧く意識高い系理論派婚活ブスの私はわかってるけど相手はわかってないから結婚できない的なノイズ同然の戯言を眺めながら爆笑する休日

  53. ホーリー より:

    そして、彼に好みのタイプは?と聞くと、昔は「可愛い子」と答えていたのが、今では「ワガママではない子」に変わっていた。

    結婚を意識すると、自分の中の価値観と向き合うようになり、相手に求める条件が変わっていくのも、婚活ブログを読んでいて共通するところだ。興味深い。

  54. のろこ より:

    恋活より婚活を意識して活動した方が年齢的にいいんだろうけど、「結婚しよう」「はい」って言える自信が全くないのに、活動していいんだろうか。相手に失礼な気がする。

  55. そあくさん。(目から鱗) より:

    別に一人でも生活は出来て昔ほど結婚しろって圧力がない社会で「条件気に入らないけどその人で良いや」って妥協出来る人はなかなかいないよ、婚活してる人たち見るとだいたいはお前みたいなのがそんな好条件の相手と結婚出来るわけないだろって意識を改めさせられるところから始まってるし